【霧島市】ノスタルジックな雰囲気に包まれる「大隅横川駅」

【霧島市】ノスタルジックな雰囲気に包まれる「大隅横川駅」

地域特派員
せがわ ちか

こんにちは!
鹿児島県南九州市頴娃(えい)町のせがわちかです。

私は列車に乗るのが大好きな乗り鉄です。そして、駅という場所も大好きで、駅の近くを通ると用事もないけれど
立ち寄りその雰囲気を楽しんでいます。

今回は鹿児島県内でも有名な霧島市にある「大隅横川駅」をご紹介します。

鹿児島県内最古の木造駅舎

大隅横川駅は1930年に開業された鹿児島県内で最も古い木造駅舎です。国の登録有形文化財にも指定されています。
大隅横川駅と、嘉例川駅の雰囲気がよく似ているなと思い調べたところ、このふたつの駅は同時に開業したそうです。

同じ時期に開業するため、同じ規格の部材を使ったそうで、同じような駅舎になっているようです。

今ではあまり見かけない窓口

窓口の雰囲気もとても懐かしく感じます。

待合室やベンチも昔のまま残り、タイムスリップしたような感覚に。ホームの柱には戦時中の機銃掃射の弾痕が残っています。
長い時間、この地域とともに時を経てきている重要な駅です。

駅舎の写真を撮りに来る方はもちろん、列車の到着時刻に合わせて撮影に来る方も多くいます。
撮影時は列車の運行の妨げにならないよう、マナーを守って撮影したいですね。

駅から徒歩3分 横川Kitoもおすすめ

駅から歩いて3分のところにある横川kito。

カフェとショップ、ゲストハウスの機能を併せ持ちます。
お食事はもちろん、お土産選びにもおすすめのお店です。横川町の散策も楽しいですよ!

霧島方面へお出かけの際はぜひ横川町へお立ち寄りください。

大隅横川駅
住所:鹿児島県霧島市横川町中ノ39-1
見学自由
駐車場:あり

※記事に掲載した内容は公開日時点または取材時の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際は公式サイト等で最新情報の確認をしてください

コメント