らっきょうを焼くと? 全農の投稿に「初めて知った」「やってみる」

らっきょう

カレーのトッピングとして定番の、ラッキョウ。

シャッキリとした歯ごたえと独特の辛みが、クセになるおいしさですよね。

ラッキョウといえば、甘酢漬けや醤油漬けなどのイメージがありますが、実はほかにも食べ方があるのだとか。

焼きラッキョウがおいしい!

2024年6月6日、全国農業協同組合連合会(通称:JA全農)の広報部のXアカウント(@zennoh_food)は、ラッキョウのおいしい食べ方を紹介しました。

投稿によると、ラッキョウの出始めの頃は、フレッシュなものも多いので生でも食べられるとのこと。

また、焼いて食べてもおいしいといいます!

らっきょう

焼く際には、根と茎部分を切り落とし、薄皮をむきましょう。フライパンに油を引いて、軽く焼き色が付くまで加熱します。

らっきょう

らっきょう

らっきょう

焼いたラッキョウはシンプルに塩コショウで食べてもいいですし、みりんや砂糖、味噌などで作ったタレを付けても相性抜群ですよ!

投稿には「焼きラッキョウ、初めて知った!」「これはおいしそう。やってみます」などの声が寄せられていました。

ちなみに、6月6日は、ラッキョウの商品を販売する、岩下食品株式会社が制定した『らっきょうの日』でもあるとか。

スーパーマーケットで生のラッキョウをみかけたら、ぜひ試してみてください!


[文・構成/grape編集部]

コメント