コアラのイト死ぬ(6歳1か月) 鹿児島市・平川動物公園

image

鹿児島市の平川動物公園は4日、メスのコアラ・イトが死んだと発表しました。
平川動物公園によりますと、メスのコアラ・イトは先月19日から体調不良がみられたため治療していましたが、今月2日午前、腫瘍で死んだということです。6歳1か月でした。
西郷隆盛の妻・糸子から名づけられたイトは、2017年5月に平川動物公園で生まれ、オスのイツキとライト2匹の子どもを産みました。
桜井普子飼育展示課長は「子育てをしっかりしていいお母さんでした。おっとりした性格でみんなから愛されていたので残念です」と話しています。
平川動物公園はコアラの飼育数が国内で最多ですが、イトが死んだことにより16匹になりました。

コメント