医師「連休後に医療崩壊も」 沖縄でコロナ新規入院、最多更新 感染者、警報レベル迫る

image

新型コロナウイルス・オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

この記事を書いた人Avatar photo琉球新報朝刊

 県は5日、県内53定点医療機関で6月24~30日の1週間に報告された新規の新型コロナウイルス感染者数が2週連続で増え、1医療機関当たり29・91人になったと公表した。都道府県別で最多。インフルエンザの場合に警報レベルの基準となる30人に迫る勢いとなっている。基幹定点医療機関7カ所でのコロナ感染による新規入院患者も165人となり、今年最多を更新。医師らは「無警戒なままでは7月の3連休後に医療崩壊が起きる」と警鐘を鳴らした。

 基幹定点医療機関の新規入院は4週連続で100人を超えた。熱中症による救急搬送も増え、病床の確保がいっそう厳しくなっている。医療機関から「このままだと急性期医療を維持できない」と危ぶむ声が上がる。

 県によると、24~30日の新規感染者のうち60歳以上は約45%。新規入院患者では60歳以上が約81%を占める。重症化の傾向が高齢者に顕著な一方、子どもの入院も増えて1歳未満が5人、1~9歳が4人だった。

 那覇市医師会副会長の玉井修さんは「インフルエンザなら警報クラスの現状なのに県民に警戒感がない。老人会の行事にマスクなしで参加したり、咳があるのにイベントに出かけたりなどが続くと大変なことになる」と訴えた。

 (宮沢之祐)

コメント