南薩地域の医療拠点 新しい県立薩南病院の安全祈願祭

 鹿児島[10/18 19:40]

老朽化で、移転・建て替えする鹿児島県立薩南病院の起工式が、18日、南さつま市で行われました。 県は老朽化した県立薩南病院を交通アクセスの観点などから、現在の病院からおよそ6キロ離れた南さつま市加世田村原におよそ93億円かけて整備します。地上6階建てで、ベッド数は150床、屋上にはヘリポートも設置されます。 18日の安全祈願祭と起工式には、塩田知事や病院関係者らおよそ50人が参加しました。 新病院には、地域から要望があった産婦人科を新設するほか、小児科も再開されるなど診療の充実が図られるということです。新病院の完成は、2023年春の予定です。

image

コメント

タイトルとURLをコピーしました