奄美大島でヒカンザクラ開花 ピンクの花寒風に揺れる

開花したヒカンザクラに集まるメジロ=鹿児島県龍郷町で2023年1月25日午後2時55分、神田和明撮影

開花したヒカンザクラに集まるメジロ=鹿児島県龍郷町で2023年1月25日午後2時55分、神田和明撮影

 鹿児島県の奄美大島でヒカンザクラが咲き始め、桜の名所がある同県龍郷町が25日、開花宣言した。ピンクの花が寒風に揺れ、2月中旬に見ごろを迎える。

 花がうつむいたように下向きに咲くのが特徴で、奄美地方が最も冷え込む時期に開花する。この日は四分咲きで、例年より開花が約2週間遅かったという。

開花したヒカンザクラに笑顔を咲かせる来園者=鹿児島県龍郷町で2023年1月25日午後2時8分、神田和明撮影

開花したヒカンザクラに笑顔を咲かせる来園者=鹿児島県龍郷町で2023年1月25日午後2時8分、神田和明撮影

 敷地内と周辺に約1000本が植えられている奄美自然観察の森には、早くも満開近い木もあり、メジロなどの野鳥も集まる。開花を宣言した則(のり)敏光副町長は「自然保護と観光を両立させたい」と話した。【神田和明】

コメント