屋久島に「吉野家」の牛丼上陸 キッチンカーが3日間営業

営業中の「オレンジドリーム2号」

営業中の「オレンジドリーム2号」

 大手牛丼チェーン「吉野家」が運営するキッチンカー「オレンジドリーム号」が9月9日から3日間、ホームセンター「サムズ」(屋久島町小瀬田)の駐車場で牛丼を販売した。

調理場は、通常の店舗と基本的に同じ

 このキッチンカーは、「西日本吉野家」(福岡市)に所属する「オレンジドリーム2号」。九州地区で唯一のキッチンカーで、同様のキッチンカーは全国でも5台しかない。調理場の設備は基本的に一般の店舗と同じで、味も変わらない。

 「オレンジドリーム2号」は九州各地のスポーツイベント会場などで営業することが多かったが、新型コロナウイルスの影響でイベントが減り、一次的に休業を余儀なくされた。営業再開後は離島にも出向くようになり、これまでに五島列島、壱岐対馬、奄美大島などを回った。屋久島に上陸するのは今回が初めてで、オレンジ色の鮮やかな車体に大きく「吉野家」と書いたトラックが島民の目を引いた。

 切り盛りするのは広報担当の三丸泰祐さんで、営業場所の交渉からトラックの運転、牛丼の調理まで1人でこなす。現地採用のアルバイト2人と共にてきぱきと注文をこなしていた。三丸さんは「屋久島を選んだ理由は、以前から一度来てみたかったのと、6月に現地調査に訪れた時、島の人たちがとても親切だったから」と話す。離島での営業は、燃料代やフェリー運賃など経費がかさむが、「離島の人たち、特に子どもたちに吉野家を知ってもらい、喜んでもらうことが大切」とも。

 メニューは、牛丼、大盛牛皿、トッピングの半熟玉子とチーズ。「近所の人にも頼まれたから」と1人で牛丼20杯を購入した主婦や、4人家族で大盛り牛皿を6個買った女性など、離島ならではの光景も見られた。

 次回屋久島に来るのは、「年明け、おそらく6月ごろになりそう」という。

コメント