市内で冠水・・・ボートで救助も 鹿児島・薩摩川内市(2021年7月10日)

 大雨特別警報の出ている鹿児島県では各地で住宅の浸水や道路の冠水被害などが起きています。薩摩川内市から報告です。

 (松本直也記者報告)
 薩摩川内市の中心部にある商店街です。先ほどまで雨は上がっていましたが、また降り始め、10日午前10時ごろには断続的に激しく大粒の雨が降り続きました。

 先ほどまで道路が冠水し、ひざ下ぐらいまで水がきていました。

 飲食店が立ち並ぶ商店街は冠水によって店の中まで水につかり、焼酎の瓶なども浮いていました。

 鹿児島県内では平年の7月、1カ月に降る雨の量がこの2日間で降ったところがあります。

 今のところ、けが人などの情報は入っていませんが、複数の自治体で土砂崩れや冠水、道路の通行止めが起きています。

 薩摩川内市などでは冠水で避難できなくなった住民を消防などがボートで救助したということです。

 鹿児島県内には薩摩川内市など合わせて5つの市と町に「大雨特別警報」が出されています。

 土砂災害などに最大級の警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました