愛称は「さつま黒潮市場」 鹿児島市魚類市場棟で完成式 12日に全面開業

image

新たに完成した魚類市場の市場棟(2工区)=7日、鹿児島市住吉町

鹿児島市中央卸売市場魚類市場(城南町)で7日、新市場棟(2工区)の完成式があった。
愛称は「さつま黒潮市場」に決定。

従来の外部開放型から閉鎖型に変わり、衛生管理機能が大幅に向上。
高品質の海産物出荷が期待できる。既に稼働している1工区分と合わせ、12日から新市場棟は全面開業する。
 
2工区分(2019年10月〜21年8月施工)の新市場棟は、鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約1万700平方メートル。
閉鎖型となったことで、桜島の降灰や鳥類の影響を防げるほか、施設内の温度を管理しやすくなった。
1階は卸売場と仲卸売場、2階に事業者の事務所や駐車場を設置している。

テープカットで魚類市場の新市場棟(2工区)の完成を祝う関係者=鹿児島市城南町

陸送用トラックの搬入に対応する高床式の卸売場=鹿児島市城南町

コメント

タイトルとURLをコピーしました