新型コロナウイルスに関する鹿児島県の発表”霧島市の飲食店で県内34例目のクラスター発生”(5月12日 18時30分ごろ)

0

鹿児島県は12日記者会見を開き、霧島市の飲食店で新型コロナウイルスの新たな感染者集団(クラスター)が確認されたと発表しました。
県によりますとクラスターの発生が確認されたのは、すでに店名を公表している霧島市の飲食店「アイビー」で、これまでに店の関係者や客など合わせて男女21人の感染が確認されています。
また、県内では新たに男女61人の感染が確認されました。県内で1日に発表される感染者としては過去最多です。県内の感染者の累計は2710人になりました。
11日現在、病院や宿泊施設などでの療養者は436人で、このうち重症は4人、酸素投与が必要な中等症は47人となっています。

KKB動画アプリ「KAPLI」でも新型コロナウイルス関連情報を配信しています。
http://www.kkb.co.jp/kapli/

コメント

タイトルとURLをコピーしました