線状降水帯“2回”も 鹿児島県などに大雨特別警報(2021年7月10日)

 10日は九州に線状降水帯が発生し、大雨特別警報が鹿児島県、宮崎県、熊本県に発表されています。引き続き最大級の警戒が必要です。

 鹿児島県で朝に線状降水帯が2回発生するなど、九州はこれまでに経験したことのないような大雨となっています。

 気象庁は最大級の警戒が必要だとして鹿児島県、宮崎県、熊本県に大雨特別警報を発表しました。

 また、午前10時には宮崎県と鹿児島県を流れる川内川上流部に警戒レベル4相当の氾濫危険情報も発表されています。

 九州ではわずか半日で平年7月の8割を超える雨量を観測しました。

 土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました