鹿児島のブルートレイン車両を香川に移設へ



0

鹿児島で雨ざらしになっている寝台特急「ブルートレイン」を、四国で遍路宿としてよみがえらせるプロジェクトがいよいよ動き出す。4月中旬にも寝台車2両が香川県観音寺市に移設されることになった。
プロジェクトを進めているのは、善通寺市でうどん店(休業中)を営む岸井正樹さん(60)。2008年まで寝台特急「なは」(新大阪―西鹿児島間)などとして走っていた2人用個室「デュエット」と2段式のB寝台車の車両を鹿児島県阿久根市から移設して修繕し、宿泊施設としてオープンさせる計画を立てた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です