鹿児島県民から愛される「フェリーうどん」の正体ソウルフード「やぶ金のうどん」の凄い歴史

鹿児島県民のソウルフード「やぶ金」のうどん。桜島と鹿児島市街地を結ぶ桜島フェリー内で提供されています(筆者撮影)

毎日の通勤・通学で過ごした時間も、思い返してみればしみじみと懐かしいもの。電車通学で見た車窓の風景、バスの中で聞いた音楽、同級生との会話、それぞれの人に懐かしい思い出の情景があることだろう。

鹿児島県では桜島と鹿児島市街地を結ぶ桜島フェリーが日々運航している。県の真ん中に錦江湾(鹿児島湾)を挟んで桜島がある地形的条件のため、観光だけでなく通勤や通学の日々の足にフェリーを利用している人たちがいる。平日118便、土日130便、24時間営業と活発に運航している欠かせないインフラである。

このフェリー内で提供されているのが「やぶ金」のうどん。船旅は片道15分と短いが、それでもフェリーに乗り込んだら急いで食べに行く人が絶えない鹿児島のソウルフード的存在である。昭和56年に始まり、長きにわたってフェリーで移動する人たちのお腹を満たし続けてきた。

桜島フェリーのうどんはいつどのように始まったのか、やぶ金を運営する新徳産業の代表取締役社長・新徳慎さんに取材した。

桜島と鹿児島市街地。錦江湾の間を桜島フェリーが日々運航(筆者撮影)

創業から変わらない出汁の味

桜島フェリー内のやぶ金(筆者撮影)

まずはうどんから紹介しよう。桜島フェリー内にある「やぶ金」に入ると、お湯や出汁の蒸気に満ちていてほっとくつろいだ心持ちになる。甘い出汁の香りに期待が膨らむ。カウンター越しに注文すると、うどんを湯がき、温めたつゆをお椀に注ぎ、具材をのせる作業を流れるような動きで行ってくれる。提供までわずか30秒程度。これを店長1人で切り盛りしている。

創業時からある一番の定番メニューは「かけうどん」500円。さつま揚げ、ネギ、あげ玉がのったシンプルなうどんだ。サイドメニューに「おにぎり」「いなり」200円があって、うどんと合わせて頼む人が多い。「天ぷらうどん」600円や「天玉うどん」650円も人気だ。

うどん

かけうどんは一杯500円という庶民価格(筆者撮影)

「やぶ金」のうどんのおいしさは出汁にある。透き通った出汁は、優しい甘さがありながら後味はすっきりしている。カツオ節やさまざまな削り節のコクと風味が奥深く、最後まで飲み干したくなる味だ。おにぎりやいなりを合わせて頼み、出汁を飲みながら食べるのが最高の組み合わせだ。

基本的な味は創業から変わらず、特に出汁に関しては一切妥協しない姿勢だ。

「うちのうどんは、返しにみりんを一切使わないのが特徴です。代わりに東酒造の高砂の峰という地酒を使っています。口に甘さが残らない、すっきりした後味に仕上がります。もちろん地酒なのでやはり材料代はかかりますが、創業時からのこだわりの味は妥協せず引き継いでいかないといけないですね」

出汁は日高産昆布の特級に、カツオ節やサバ節など6種類の削り節を使って引いている。しっかりとコクがあり奥深い旨味が生まれる。一番出汁はうどんのつゆに使うが、二番出汁は天ぷらを揚げる時に衣に混ぜている。麺も自家製麺。つるんとした喉越しがいい。

窓際の席に座れば、近づいてくる桜島の風景を見ながらうどんが食べられる(筆者撮影)

桜島フェリーのうどんはいつから?

「やぶ金」は「山形屋店」「天文館店」「桜島フェリー店」の直営店3店舗が県内で展開しているほか、フランチャイズ店が2店舗ある。

創業は昭和27年に遡る。山形屋(※鹿児島の老舗百貨店)バスターミナルの正面で営業を始めた店はいわゆる大衆食堂の走りのような店で、うどんとそばに天丼、寿司なども提供していた。当時は山形屋に買い物に行って、やぶ金で食事をして帰るのが定番コースだったという。味が評判を呼び、時代の波に乗って商売は繁盛していった。

「今はフェリーのうどんのイメージが強いですが、昔からの70~80代の常連様はそちらの店のイメージが強いかと思います」

桜島フェリーでの提供が始まるのは、創業から29年を経た昭和56年だ。当時常務だった慎さんの父・新徳國公さん(現会長)が「桜島フェリーでうどんを提供したい」と発案して始まった。きっかけは、東京や大阪、福岡に出張に行ったときに見た立ち食いそば。「あの文化を鹿児島にも持ってこられないか」と考えた。

しかし、社内では「15分なんて短い時間で誰がうどんを食べるの?」と反対の嵐だったという。本店が繁盛して軌道に乗っていたので、不安要素のある挑戦に対しては懐疑的だった。

そこで、國公さんは桜島フェリーでの乗船を待つ車向けにうどんの販売をしてみる。すると反響がよく「この商売はいける」と判断して会社を説得した。桜島町長(※桜島町は市町村合併で現在は鹿児島市)の所へ行き、桜島フェリーで店をやらせてくださいと直談判をして始まった。

桜島フェリーでの営業は好調で、多くの利用者から愛されるようになる。今は室内だが、昔は甲板で提供していた。

「風がある日はお客様が出した千円札、一万円札が飛ぶんですよ。だから、重しを置いてもらうようにしていたんですけど、それでも置き忘れて飛んでしまうことがあって……。錦江湾はそれなりにお札が沈んでると思います」

移動時間は15分。限られた時間で提供するために、オペレーションや提供方法を工夫した。

麺は長めに湯がいて下ごしらえをしておき、現場では短い湯がき時間で提供できるようにしている。また、オペレーションでも工夫がある。列の1人目のお客様の注文が決まってなかったり、迷っていたりすることがあるため、「お決まりの方からどうぞ」と声がけをすることだ。注文が決まっていて、かつ並びの早い順に対応していくのだ。

といっても、実は15分よりも時間はある。

「海の上を移動しているのは15分ですが、フェリーが港に泊まっている時間も含めると40分くらいあります。早めに乗り込んじゃえば余裕があります。動くまでの10分くらいの間に食べ終わっている方もいます。常連のお客様で毎回必ず3杯食べる方もいらっしゃいました」

ただし車での乗船の場合、降りる際に早めに車内に戻らないといけないため、さほど時間に余裕がない。そのため、車で乗船したお客様には、声がけをして注意を促すこともあるそうだ。

フェリー乗り場の様子(筆者撮影)

噴火やナイトクルーズと一緒に楽しむうどん

代表取締役社長・新徳慎さんは、東京で勤めたのち帰郷して17年前から家業に携わるように。桜島フェリー店での店長を2年務めた。

「日常的な通勤・通学で乗っている人もいれば、観光で来ている人もいらっしゃる。驚いたのは、灰に対する反応です。地元民からすると灰が降ると嫌ですよね。ザラザラするし。でも桜島が噴火しているのを見て、外国人観光客の方が喜んで灰をかぶっているのを見てなんだか新鮮な気持ちになりました」

まるで初めて雪を見た子どものように無邪気に喜ぶ様子に、地元民にとっての日常がこんなに感動されるのかと面白く感じたという。鹿児島の日常が、観光客の視点を通すことで、フェリーの上からはまた違って見えてくる。

桜島。もくもくと噴煙をあげるこの姿は、鹿児島県民にとっての日常風景だ(筆者撮影)

天文館で働く人たちが、夜にうどんを食べるためにフェリーに乗ることもあるという。コロナ禍で営業時間が短くなったが、以前は深夜便(24時間運航)まで営業していた。仕事終わりにフェリーに乗って、うどんを食べて、夜風にあたり、海の上から夜景を見て、また戻るといったことを楽しむ人もいたのだ。ちょっとしたナイトクルーズだ。

「桜島側から見る市街地の夜景は結構味がありますよね。贅沢な時間になるでしょうね。往復で400円の運賃もプラスされて900円とか1000円くらいのうどんになりますが、そういう常連さんからも支えていただいてありがたいです」

通勤・通学といった日常的なインフラとしてフェリーに乗る人もいれば、観光やちょっとした息抜きに乗る人もいる。桜島フェリーは鹿児島の日常と非日常が交差する不思議な場所だ。それを彩ってくれるのは雄大な桜島の景色とやぶ金のうどん。

「思い出の味を求めて30年ぶりくらいにうどんを食べにいらっしゃったお客様に会ったこともありました。そういうお客様に対してすみません、売り切れましたって言えないですよね。ちゃんと提供できてよかった。気が引き締まる思いがしました」

桜島フェリーの運航に合わせて営業しているので、基本的に年中無休だ。一番うどんが売れるのは8月のお盆。GWや年末年始、春休みにも人気で、帰省シーズンに売れ行きがよくなる傾向がある。それに合わせて仕込みの量を調整して、しっかり届くようにしている。

ただし、船の上でやっているので、天候や故障といった桜島フェリーの運航状況で急遽営業ができなくなることがある。特に台風シーズンは運休になる可能性が高い。何年かに1回あるかないかだが、フェリーが鹿児島港を出て桜島港に着いたタイミングで船舶局から運航停止の連絡が来ることもある。従業員は桜島から戻ってこられなくなるので、ホテル代を出して泊まってもらうか、車で迎えに行くこともあるという。

感謝祭では1日で4858杯の売上

2023年の今年でサービス開始から42年。30周年を迎えた2011年にはお客様への感謝を込めて「誕生祭」を行い、かけうどん、かけそばを1杯200円で提供した。1日で4858杯を売り上げたという。

「うちのフェリーのスタッフは本当に職人ですよ。メニュー料金も何と何を組み合わせるといくら、の組み合わせが全部頭に入っています。片道で80杯近く作ることもあります」

繁忙期でも店長1人で店を切り盛りする。2人体制にすることはないそうだ。検討したこともあったが、1人での対応に慣れているため、他の人が入るとリズムが崩れてうまくいかないのだそう。

コロナ禍での利用者減や燃料費高騰を受け、経費削減のため2023年の4月以降に桜島フェリーは減便して現在の5隻体制から4隻体制になる。平日は16便減の102便となり、土日祝日は18便減の112便になる。「県民の足」としての24時間運航は変わらないが、それでも地域インフラを取り巻く状況は今の世相や経済状況を反映して少しずつ変わっている。

「やぶ金」ではコロナ禍での需要などを受けて、テイクアウトメニュー開発に注力中。今年はECサイトをオープンさせる予定だ。家でもあの出汁が味わえるようになる。

でも、ぜひ一度は桜島フェリーに食べに行ってみてほしい。船旅がうどんを唯一無二の体験にしてくれる。そして、昼、夕暮れ時、夜と、時間帯によって異なる魅力がある。晴れた日、くっきりと見える桜島の姿が近づいてくる様子は最高にワクワクするし、海の上から見る夕暮れの風景は独特の情緒がある。運がよければ錦江湾をおよぐイルカに出会える。静かな闇夜に見る市街地の灯りもいい。海の上から見る鹿児島の風景は、うどんをより一層おいしく特別なものにしてくれるだろう。

コメント