業務

業務

鹿児島県のおすすめ立ち寄り温泉5選

鹿児島県内(鹿児島市/指宿市/湧水町/さつま町)の地元特派員が思わず教えたくなる、温泉施設をセレクトしてご紹介します。是非、参考にしてください。【鹿児島市】鹿児島中央駅から徒歩5分!「シルクイン鹿児島」の天然温泉鹿児島中央駅から徒歩5分ほど...
業務

空き店舗活用し観光物産交流施設を整備「きやったもんせ南さつま」オープン

鹿児島県南さつま市で、特産品の販売や観光案内を行う施設「きやったもんせ南さつま」がオープンしました。6日オープンしたのは、南さつま市加世田本町の観光物産交流施設「きやったもんせ南さつま」です。加世田ゆめぴか本町通り商店街の中心部にあった、元...
業務

森の中には私の生きがいがある…担い手不足に悩む1次産業、いきいき働く障害者の姿があった 南大隅町で進む「林福連携」

花の木農場のメンバーと一緒に作業する駿河木材の大竹野千里さん(右)=南大隅町根占横別府 〈関連〉南大隅町の位置を地図で確認する 花の木農場のメンバーと一緒に作業する駿河木材の大竹野千里さん(右)=南大隅町根占横別府 障害者が林業分野で働き、...
業務

国の重要無形文化財 種子島・南種子町 宝満神社の御田植祭 児童らが赤米の苗植える

鹿児島県南種子町で3日、国の重要無形民俗文化財に指定されている「御田植祭」があり、地域の住民らが古来から伝わる赤米の苗を神田に植えました。南種子町茎永の宝満神社に伝わる御田植祭は、日本古来の姿を残していることが評価され、2016年に国の重要...
業務

志布志市志布志町志布志の志布志市役所が「“志民”の志にも注目して」。新プロモーションの内容とは

志布志市志布志町志布志の志布志市役所が新たなシティプロモーションを始動。市担当者は「市民の『志』にも注目して」と語っています。ハフポスト日本版編集部志布志市のシティプロモーション志布志市提供「志布志市志布志町志布志」どのように読むか知ってい...
業務

開業32年の枕崎お魚センターが全面リニューアルオープン 「地元に愛される施設に」[

枕崎漁港にある開業から32年の枕崎お魚センターで大規模改修が完了し、30日リニューアルオープンしました。セレモニーでは、枕崎お魚センターの社長も務める枕崎市の前田祝成市長が「観光客はもちろん、地元に愛される施設になってほしい」とあいさつしま...
業務

【社説】九州新幹線20年 JRと沿線で効果持続を

九州新幹線の開業で福岡-熊本-鹿児島間の移動時間は大幅に短縮され、人の往来が飛躍的に増加した。その効果を持続させるため、JR九州と沿線自治体は連携をさらに強めてほしい。 九州新幹線は新八代-鹿児島中央間の先行開業から13日で20年になった。...
業務

「身がプリプリ」旬のイセエビ味わう“えっがね祭り” 肝付町で今月30日から

イセエビのことを方言で「えっがね」と呼ぶ鹿児島県肝付町で、イセエビ料理を飲食店で楽しめるイベントが始まるのを前に、21日、試食会が開かれました。肝付町の内之浦地区は、イセエビの水揚げ量が年間およそ6トンと県内トップクラスで、毎年、春と秋に「...
業務

海の幸と山の幸が豊富な北薩の食材を使用した「出水(いずみ)・長島・阿久根(あくね)フェア」を開催

※この記事には広告が含まれます~4月2日(火)より期間限定で提供~レストラン「Daily Social」のブッフェメニュー例 「シェラトン鹿児島」として鹿児島の食の魅力を発信したいという思いから始まった地域との食のコラボレーション企画は、昨...
業務

意外と知らない、多くの若者が東京へ流出し続けてしまったら「地方都市で何が起きるのか」~広島市の例

人口減少日本で何が起こるのか――。意外なことに、多くの人がこの問題について、本当の意味で理解していない。そして、どう変わればいいのか、明確な答えを持っていない。100万部突破の『未来の年表』シリーズの『未来の地図帳』は、20年後の日本人はど...