情報

情報

穏やかな老後どころか現実は…現役医師が語る、過酷な「心身の老い」の実態

仕事や人間関係で数々のストレスをくぐり抜け、やっと穏やかな老後に…というのが理想ですが、医師・小説家の久坂部羊氏は「むしろ逆」だと言います。本記事では、久坂部氏の著書『健康の分かれ道 死ねない時代に老いる』(KADOKAWA)から一部抜粋し...
情報

錦江湾横断道 にわかに高まる待望論 対岸の大隅半島は〝全会一致〟 県は「鹿児島市~桜島の海底トンネル案」を最適としたが、実現への見通しは?

鹿児島市街地が見える鹿児島湾=鹿児島市桜島小池町の湯之平展望所 〈関連〉鹿児島県が2009~12年度に実施した「実現可能性調査」で示した3ルート案を地図で確認する 桜島と鹿児島市街地を結ぶ錦江湾横断道路構想。昨年から実現を求める動きが大隅半...
情報

猛暑日に車内の温度はどうなる? サンシェードよりもいい? 透明なのに暑くない断熱透明フィルムの効果は?

全国各地で35度を超える猛暑日を記録しているが、こんなうだるような暑さと直射日光のなか、車内の温度はどうなっているのか? 1000円以内で販売されているサンシェードは防げるのか、どれくらいの効果があるのか、そして運転席&助手席側面に貼る断熱...
情報

なぜ全国1位だった沖縄県民の平均寿命は短くなったのか…和田秀樹が指摘する脂肪と健康の意外な関係他の県とはまったく違う肉食文化だったから長寿だった

かつて沖縄県は「平均寿命全国1位」だったが、直近では男性が43位、女性が16位となっている。医師の和田秀樹さんは「沖縄県民が長寿だった最大の要因は、全国平均に比べ脂肪摂取量が多かったからだ。食生活が粗食に変化してから平均寿命の順位は下がった...
情報

「10万円」の入った財布を落として、拾い主に「2万円」の謝礼を求められました。普通は「10%」ですよね? 本当に払う必要はあるのでしょうか…?

落とし物をした場合、拾ってくれた人に対する謝礼は10%。こんなことを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。落とし物をした人と、拾った人の間のやり取りは、遺失物法という法律で定められており、10%という割合も法律で規定されている範囲...
情報

穏やかな老後どころか現実は…現役医師が語る、過酷な「心身の老い」の実態

連載「死ねない時代の健康とは何か」現役医師が迫る【第7回】仕事や人間関係で数々のストレスをくぐり抜け、やっと穏やかな老後に…というのが理想ですが、医師・小説家の久坂部羊氏は「むしろ逆」だと言います。本記事では、久坂部氏の著書『健康の分かれ道...
情報

炎天下の車内に「サンシェード」ホントに意味ある? “最速で冷やす”最も効果的な方法が判明! すぐ出来るコツは?

エアコンを切った状態でクルマを外に放置すると、車内温度が60度以上になることもあります。車内の温度上昇を避けるためにサンシェードを使うことがあります。では実際に効果はあるのでしょうか。効果は!? サンシェードって本当に意味あるの? フロント...
情報

シマ消滅の危機(下) 瀬戸内町・加計呂麻島 阿多地集落 「集落の最後も人と人」 再建に立ちはだかるインフラの壁

管理維持が大きな負担となる集落管理水道=4月18日、加計呂麻島・阿多地条件不利地域の阿多地集落(シマ)における将来的な再建のためには、生活を支える三大インフラの一つ、「水道」も大きな壁となって立ちはだかる。簡易水道が整備されていない阿多地で...
情報

妻に先立たれた65歳、年金約17万円・おひとり様シニアを襲う<老後破産へのカウントダウン>

みなさん、ねんきん定期便で、自分がいくらもらえる見通しか、チェックしていますか? すでに受給が始まっている人はチェックしていましたか? 今回は一見、老後資金に余裕のありそうなおひとり様シニア・吉村さんがいかに「老後崩壊」に追い込まれたのか?...
情報

『オール電化』と『ガス』はどっちがお得?毎月にかかる料金の目安と節約のコツとは?

近年、ガスを使わず電気だけで生活できる『オール電化』に注目が集まっています。とはいえ、電気代が高騰している現在、オール電化住宅とガスを使う従来の生活スタイルでは、どちらがお得なのでしょうか。1ヶ月の平均的な電気代を比較してみました!近年増加...