焼酎

焼酎

ほどける癒しの1杯!22年熟成させた芋焼酎リキュール『SLEEPY BEAR』が新発売

ナンちゃん2021.11.29こんにちは!TAKIBI編集部のナンちゃんです。寒くなってきて、身体を中から温める食べ物・飲み物が恋しい時期になりました。キンキンに冷やしたのどごしの良いお酒もいいですが、まろやかなお酒を飲みたいなという日も少...
焼酎

22年超長期熟成。薩摩酒造から本格芋焼酎ベースのリキュール「SLEEPY BEAR」が数量限定で発売中

薩摩酒造が手がける、一切加水を行わずに仕上げた本格焼酎ベースのリキュール「SLEEPYシリーズ」から、第2弾として、本格芋焼酎を22年超長期熟成させた「SLEEPY BEAR(スリーピー ベア)」が新登場!2021年11月4日 (木)より数...
焼酎

日本酒に「醸造アルコール」を入れる理由とは?醸造アルコール添加に悪いイメージがついてしまった理由も解説!

2021年11月26日日本酒造りには「醸造アルコール」と呼ばれる原料を使用することがあります。醸造アルコールを使った日本酒は、キレのある辛口タイプの味わいが特徴です。今回は、醸造アルコールを使った日本酒の種類や、悪酔いしやすいといわれる理由...
焼酎

ウイスキーの新しい風が吹く鹿児島旅への誘い/JAPANESE WHISKY TOURISM 02

更新日:2021/11/20今、最も熱くジャパニーズウイスキー旋風が巻き起こっている場所が鹿児島。焼酎造りで培った技術を武器に、鹿児島の焼酎メーカーが続々と参入。なかでも注目の、嘉之助蒸溜所とマルス津貫蒸溜所を巡るウイスキーツーリズムへ〈鹿...
焼酎

バナナ、オレンジ、リンゴ… 香り系芋焼酎拡大中 ラベルもおしゃれに

2021/11/25 11:05 田苑酒造の「DEN-EN FLAVOR」シリーズ フルーツのような香りをうたった本格芋焼酎が増えている。仕込みや蒸留、ブレンドなどを工夫し、果実の香りを再現。商品名やデザインも洋酒のようで、焼酎になじみの...
焼酎

クセの少ない上品な甘さと香りが大きな魅力の芋焼酎。その魅力やおすすめの銘柄をご紹介します!

出典 : Paulo Vilela / Shutterstock.com芋焼酎はサツマイモを原料とした焼酎。かつては芋焼酎といえば独特の強烈な臭いが苦手という人も多かったようですが、近年では原料や製法の改善が進み、甘い香りと味わいが多くのフ...
焼酎

若き蔵人が守り抜く伝統と歴史。鹿児島の大地が生んだ麗しき芋焼酎。後編[World SAKE KAGOSHIMA/鹿児島県]

2021.11.17 World SAKE KAGOSHIMA/Journey2PICK UP鹿児島いちき串木野市・白石酒造にて。鹿児島本格焼酎を巡る旅World SAKE KAGOSHIMA/Journey2鹿児島の自然をそのままボトルに...
焼酎

世界5大ウイスキーの1つ「ジャパニーズウイスキー」4種 それぞれの特徴を解説 「上品でスモーキーなのは…」

2021/11/19 世界5大ウイスキーといえば、スコッチ・アイリッシュ・カナダ・アメリカ、そして日本。海外からの人気が高く、近年では国内 需要もより高まっているという「ジャパニーズウイスキー」には、どのような種類と特徴があるのだろうか。神...
焼酎

樽貯蔵によってほんのり琥珀色に変化する焼酎。実は焼酎の色には規定があることをご存じですか?

更新日:2021.11.20焼酎の色には規定がある!無色透明な液体が一般的に知られている焼酎の色。しかし、中にはほんのり琥珀色をした焼酎もあります。樽貯蔵された焼酎がそれです。しかし、ウイスキーやブランデーのような濃い色ではなく淡い色。ウイ...
焼酎

鹿児島芋焼酎の新たな可能性。模索する若き蔵人たちの情熱に触れる旅。前編[World SAKE KAGOSHIMA/鹿児島県]

PICK UP鹿児島 SHARE THIS ARTICLE 鹿児島本格焼酎を巡る旅 World SAKE KAGOSHIMA/Journey1 日本酒蔵での修業で得た麹の知見。蔵に眠る種麹菌が焼酎造りを変える。 ...
タイトルとURLをコピーしました