奄美大島・徳之島行きフェリーでオリジナルサイダーもらえる…世界自然遺産

2021年10月24日(日)06時30分

    さとうきび酢サイダー(左)とシークワーサーサイダー(右)

    鹿児島県旅客船協会は、10月25日より「鹿児島~奄美群島~沖縄航路」の利用者に、世界自然遺産に登録された「奄美大島・徳之島」の魅力をデザインしたオリジナルサイダーを配布する。

    オリジナルサイダーの配布は、今年7月に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が世界自然遺産へ登録されたことを記念して、「鹿児島~奄美群島~沖縄航路」のPRおよび利用促進を目的に企画したもの。
    「奄美大島・徳之島」にゆかりのある2人のイラストレーターが各島の魅力をデザインしたオリジナルラベルのサイダーを、マリックスラインおよびマルエーフェリー、奄美海運が運航するフェリーに、鹿児島新港・鹿児島本港(北ふ頭)・名瀬港・那覇港から乗船し、同協会のSNS公式アカウントをフォローしている人へプレゼントする。

    奄美大島編「さとうきび酢サイダー」は、奄美市在住のイラストレーター、尚味(なおみ)さんがデザイン。アマミノクロウサギやルリカケスなどの動物や、ソテツやヒカゲヘゴなどの植物などと、島民が楽しく踊っている一体感を表現。
    大浜海岸の夕陽に浮かぶフェリーがシルエットとして描かれている。

    徳之島編「シークワーサーサイダー」は今年3月まで5年間、徳之島を拠点に活動していたイラストレーターの竹添星児さんがデザイン。
    ラベル中央にはアカショウビンと闘牛、周囲には海の生物を描いている。中央奥にはガジュマルの巨木がそびえ、島の代表的な景勝地「犬の門蓋」の眼鏡岩の中には、海に浮かぶフェリーが見えている。

    配布予定本数は各4500本。10月25日より1人1本を配布する。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました