日本茶AWARDで鹿児島市のメーカーが最上位の「日本茶大賞」を受賞 知事に報告〈鹿児島〉

image

全国的な茶の品評会で、県内産では初めて最上位の賞を受賞した鹿児島市のメーカーが塩田知事を表敬訪問しました。
県庁を訪れたのは鹿児島市に本社を置く「特香園」の会長と社長です。
東京で開催された「日本茶AWARD」で約500点の中から特香園の深味選定茶「雪ふか 極」が最上位の「日本茶大賞」を受賞しました。
「雪ふか 極」は渋みを抑えた甘さが特徴で、試飲した塩田知事も「苦いとかでなく甘い感じなんですかね」と感想を話していました。
この品評会で県内産の茶が最上位を受賞したのは今回が初めてだということです。
特香園では「私どもが『おいしい』と思うものと消費者が『おいしい』と思うものが合致したことに喜びを感じる。これからも日本茶の指針となるようなお茶作りを続けていきたい」とコメントしています。

image

image

コメント

タイトルとURLをコピーしました